夏風邪の三大ウイルスと手足口病は今年流行りで、大人にも?

日本は高温多湿の島国です。梅雨から夏にかけての気温の変動や湿度の上昇などで、体力を消耗される方もいらっしゃると思います。

梅雨の長雨や湿度の高さに、疲労感を覚えることはないですか?

夏場の気温差や冷たいものを摂りすぎたり、睡眠不足になったりと、夏場は免疫力の低下が目立つようになります。

食欲をなくしたり、夜は眠れなかったり、ただの疲れかと思っていたら夏風邪だったと言う人、案外多いかもしれませんね。

そこで今回は、夏風邪と冬風邪の違いや、夏風邪ならではの症状と、その対策についてご紹介します。

“夏風邪の三大ウイルスと手足口病は今年流行りで、大人にも?” の続きを読む

緩消法で筋肉を軟らかくすれば、痛み・しびれ・つっぱり感などは治る?

「正座や体の下に腕を入れていたら手足がしびれた」そんな経験はどなたにもあると思います。これは一時的に血行が悪くなっているもので直ぐに治りますよね。

しかし、原因の分からない痛みやしびれ、つっぱり感があり、病院の診療を繰り返している方も多いのではないでしょうか?

病院へ行って内服薬や湿布薬を受け取り、時にはお注射や理学療法などを行ったりしても治らなくて、悩み苦しんでいませんか。

私は若い頃よりぎっくり腰を何度となく繰り返しています。何気ない動きでビクッとする痛みに「もしかして?」という思いが頭をよぎります。

この次はいつどんな形で現れるのか、不安な日々を送っていました。この痛みや不安をどうにかしたくて、色々な方法を試してやっと納得の行く方法を見つけました。

(一社)日本健康機構理事長、東京日本橋「痛みの専門院」院長の坂戸孝志先生が考案し確立された「緩消法」という治療法です。

今回ご紹介する「緩消法」は、坂戸先生ご自身が、事故によって動けなくなったことから、痛みを治すために開発せれたのがきっかけとおっしゃっています。

痛み・しびれ・つっぱり感・むくみ・だるさなどなど体の筋肉の緊張(固さ)からくる症状が「緩消法」で治せるというものです。

“緩消法で筋肉を軟らかくすれば、痛み・しびれ・つっぱり感などは治る?” の続きを読む