誰にでも分かる?花菖蒲、アヤメ、カキツバタの特徴と見分け方

6月上旬、花菖蒲園に行ってきました。とても可憐で美しかったです。^^

少し昔のことですが、菖蒲、アヤメ、カキツバタ、全て同じものと思い込んでいた頃のことを思い出しました。

見た目はよく似ている花菖蒲、アヤメ、カキツバタなどありますが、違いって判りますか?

今回は、無知な私でも理解できたアヤメ、カキツバタ、花菖蒲とショウブの違いや特徴、見分け方などご紹介します。

花菖蒲、アヤメ、カキツバタの特徴

大村公園の花菖蒲田

 

ショウブは、花弁をつけない菖蒲のことを指し、花をつけ色鮮やかに咲いているのを花菖蒲と言います。

菖蒲、アヤメ、カキツバタは、葉の形、花の色や姿までよく似ているので、間違いやすいと思います。

昔から「いずれがしょうぶかかきつばた」という諺があるほど、菖蒲とカキツバタもよく似ています。(ここで言う菖蒲は花菖蒲のことです)

簡単にまとめてみましたので、参考にしていただけると嬉しいです。

《 アヤメ(文目・綾目) 》

アヤメは、アヤメ科アヤメ属の多年草、和名は綾目でしたが、葉が似ていることから菖蒲と同じ漢字の「菖蒲」が当てられるようになったとか。

花は小輪、紫色かまれに白色があります。

一見花弁のように見える、大きく広がり垂れ下がった花弁?(外花被)は花のガクの部分になります。(花菖蒲、カキツバタも同じです。)

「え?花じゃないの・・・?」と私は思いました。

外花被「ガク」の中心部(根元部分)が、網目模様になっているのがアヤメの特徴です

和名の綾目は、この網目模様が元になったようです。

中心部から3枚、垂直に伸びて咲いているのが花弁になります。

葉は幅が狭く、全体の丈は低く、30~60cm程です。

5月上旬~中旬頃開花します。

乾燥地に生息しますが、まれに湿地に生えることもあるそうです。

外花被と呼ばれる部分が「ガク」と知って、ビックリしたのは私だけでしょうか?

一見、花に見えてそれは「ガク」でした。という植物(花)は他にもあるのですが、詳しくないので省略しますね。

《 カキツバタ(杜若・燕子花) 》

カキツバタは、アヤメ科アヤメ属の多年草、日本の古来よりある植物。

江戸時代前半から品種改良された、古典園芸植物だそうです。

花は中輪、色は青紫の他に白、絞りなどがあります。

外花被の中心部(根元)には、白色の線状の模様がカキツバタの特徴です。

葉はアヤメより幅が広く、花より長く、全体の丈は中程度で、50~70cm程です。

5月の中旬~下旬頃開花します。

乾燥地に生息するアヤメとは違い、水を好むため池や川辺、湿地などに生息しています。

カキツバタは、アヤメほど可憐で美しくは見えませんが、負けず劣らず素敵な色合いを持った花だと思います。

カキツバタの美しいところですね。

まさに「いずれがあやめかかきつばた」です。^^

《 菖蒲(花菖蒲) 》

普段、私達が目にしている花菖蒲には、形や色の異なるものが数多くあります。

私の間違いはここにもあったことに気付きました。大人になってからです。

花菖蒲は、菖蒲と称していますがアヤメ科アヤメ属です。

花は大輪で、定番の菖蒲色をはじめピンク、白、紅紫、紋、覆輪など様々な色があります。

カキツバタより外花被が広く、中心部に黄色い線状の模様のあるのが花菖蒲の特徴です。

葉の幅は中程度、中央に葉脈がくっきり見え、花より短いです。

全体の丈は高く80~100cmほどあります。

花菖蒲も水を好むため、池や川、湿地帯など草原に多く生息している、多年草であることは良く知られています。

水辺に群生していて、明るい緑色の葉をしていて、葉先は鋭く尖り、剣のような形をしています。

花は5月下旬~6月中旬頃開花します。

花の色、形の品種が多いのも花菖蒲の素晴らしく、素敵なところだと思います。

花菖蒲は観賞用として、江戸時代に品種改良され各地に伝わり、形や色が華やかで艶やかなものになったようです。

花菖蒲の種類は、江戸系、伊勢系、肥後系、などの系統と品種が豊富にあります。

《 ショウブ(菖蒲) 》

ショウブには、アヤメやカキツバタ、花菖蒲と違い、美しいく、綺麗な花はありません。

ショウブ科ショウブ属ですが、サトイモ科に分類されている、多年草です。

花は薄黄緑色をした「ガマの穂」のような目立たない棒状の花がショウブの特徴です。

花が咲く場所は、葉の根元の方に花穂をつけます。

5月上旬~中旬頃咲きます。

葉は花菖蒲とよく似ており、主脈がはっきりしています。

ショウブも水辺を好み、池や沼の近く、湿地帯に生息しています。

ショウブの葉は、昔から薬用効果があると言われており、漢方薬として用いられています。

葉から選出される精油には、鎮静、鎮痛、咳嗽、去痰、血圧降下などに効果があると言われています。

その他にも冷え性、肩こり、疲労などの血液循環促進の効能もあるようです。

葉は剣状になっており香りもよく、古くから端午の節句の時、菖蒲湯として利用されています。

薬効や香りなどによって、邪気を払うと言われているからでしょう。

現代でもその風習は続けられていますよね。

屋根の端に、ショウブやヨモギの葉を吊るすのも、邪気払いの風習の1つです。

私は、このショウブをガマと勘違いして覚えていました。

ガマが、茶色になる前の色だと思っていたのです。^^;

本来、菖蒲湯や薬草として利用していたのは、こちらのショウブであることがわかり、1つ勉強になったと、その違いを忘れないようにしています。

 

ここが違う!アヤメ、カキツバタ、花菖蒲の簡単な見分け方

 

 

アヤメ、カキツバタ、花菖蒲の花の作りは珍しいく、雄しべや雌しべは花弁とガクの間に花弁のようなものがあります。それが雌しべになります。

雄しべはどこかと言いますと、雌しべの裏側に添うようにあります。

アヤメの仲間は、花弁とガクが3枚あり、それぞれに雄しべと雌しべがあります。(花菖蒲には外花被が6枚ある六英花というものもあるそうです。)

雄しべや雌しべは花の中心部にあるのが一般的、アヤメ科の仲間には、外花被片(ガク)と花弁の間にあるのが、不思議なところと言えるのではないでしょうか。

さて、それぞれの見分け方ですが、とても簡単です。

花の特徴がポイントです。正しくは、外花被の根元を注目すると良いでしょう。

・アヤメは、中心部が網目模様になっています。

・カキツバタは、中心部が白色の細い線状の模様になっています。

・そして、花菖蒲は黄色の線状の模様になっています。

大きくはっきり分かりやすい部分なので、これだけを知っていれば、3種類の区別、見分けができますよ。

私はこの違いを知るまでは、皆同じだと思っていたわけです。

知った時は、目からウロコでした。(笑)

アヤメやカキツバタは、なかなか見に行くことはないのですが、一番身近にあるのが花菖蒲です。

花を楽しむためには、種類や特徴などを覚えておくと、何倍も楽しめることができます。

1つの花にも、原種と改良された品種があります。

これら全てを覚えるのはとても大変ですよね。

特に、花菖蒲は観賞用に品種改良され、数多く存在しています。

私もそこまでは無理なので、自分で楽しめる程度の知識で、もっと知りたい時はググっています。^^

終わりに

今回は、知識不足の恥ずかしい話を暴露してしまいましたが、まだまだ、知らないことは沢山あります。

「今まで何を楽しんで来たんだろう」・・・と言われても仕方ないくらいです。

でも、今はそんなことさえも、楽しみの1つとして捉えています。

知らなかった事を知り、曖昧な部分がはっきり見えてくるって、とても楽しいし素敵なことですね。

最後までお読み頂きまして、ありがとうございます。

夏風邪の三大ウイルスと手足口病は今年流行りで、大人にも?

日本は高温多湿の島国です。梅雨から夏にかけての気温の変動や湿度の上昇などで、体力を消耗される方もいらっしゃると思います。

梅雨の長雨や湿度の高さに、疲労感を覚えることはないですか?

夏場の気温差や冷たいものを摂りすぎたり、睡眠不足になったりと、夏場は免疫力の低下が目立つようになります。

食欲をなくしたり、夜は眠れなかったり、ただの疲れかと思っていたら夏風邪だったと言う人、案外多いかもしれませんね。

そこで今回は、夏風邪と冬風邪の違いや、夏風邪ならではの症状と、その対策についてご紹介します。

“夏風邪の三大ウイルスと手足口病は今年流行りで、大人にも?” の続きを読む

緩消法で筋肉を軟らかくすれば、痛み・しびれ・つっぱり感などは治る?

「正座や体の下に腕を入れていたら手足がしびれた」そんな経験はどなたにもあると思います。これは一時的に血行が悪くなっているもので直ぐに治りますよね。

しかし、原因の分からない痛みやしびれ、つっぱり感があり、病院の診療を繰り返している方も多いのではないでしょうか?

病院へ行って内服薬や湿布薬を受け取り、時にはお注射や理学療法などを行ったりしても治らなくて、悩み苦しんでいませんか。

私は若い頃よりぎっくり腰を何度となく繰り返しています。何気ない動きでビクッとする痛みに「もしかして?」という思いが頭をよぎります。

この次はいつどんな形で現れるのか、不安な日々を送っていました。この痛みや不安をどうにかしたくて、色々な方法を試してやっと納得の行く方法を見つけました。

(一社)日本健康機構理事長、東京日本橋「痛みの専門院」院長の坂戸孝志先生が考案し確立された「緩消法」という治療法です。

今回ご紹介する「緩消法」は、坂戸先生ご自身が、事故によって動けなくなったことから、痛みを治すために開発せれたのがきっかけとおっしゃっています。

痛み・しびれ・つっぱり感・むくみ・だるさなどなど体の筋肉の緊張(固さ)からくる症状が「緩消法」で治せるというものです。

“緩消法で筋肉を軟らかくすれば、痛み・しびれ・つっぱり感などは治る?” の続きを読む

変形性膝関節症を知ろう、痛みと上手く付き合うためには必要かも・・・

加齢になると多くの方が、膝の痛みを感じるようになるのではないでしょうか?

朝起きた直後、膝のこわばり感や曲げ伸ばしをした時の痛み、立ち上がった時膝に痛みを感じる、そんな経験がお有りの方もいらっしゃることでしょう。

今回はそんな膝の痛みを抱えた方に、膝の痛みと上手く付き合っていく方法をご紹介致します。

“変形性膝関節症を知ろう、痛みと上手く付き合うためには必要かも・・・” の続きを読む

ステビアは、植物由来の甘味料と言うけど、体への影響や危険性はどうなの?

「天然」「植物由来」と聞いただけで、何だか体に良さそうに思えてきませんか?

そもそもステビアって何?そんな方もいらっしると思います。そして「ステビアって危険じゃないの」という方も少なくはないでしょう。

今回は、植物由来の甘味料ステビアの影響や危険性について、知っておきたい情報を記事にしました

“ステビアは、植物由来の甘味料と言うけど、体への影響や危険性はどうなの?” の続きを読む

ビタミンEの過剰摂取は骨粗しょう症を引き起こす危険性がある

前回骨粗しょう症について記事を書きましたが、骨粗しょう症の原因にはもう一つの原因があります。

骨を丈夫にするためにはカルシウムの摂取も大切といいましたが、ビタミンE の過剰摂取は骨をもろくするのです。

最近、アーモンドをよく食べるのですが、ビタミンE が豊富に含まれていると言われていますので、とても気になっているところです。

食べ過ぎ(過剰摂取)による骨への影響はどうなのかを調べてみました。ご紹介致します。

“ビタミンEの過剰摂取は骨粗しょう症を引き起こす危険性がある” の続きを読む

骨粗鬆症=女性や高齢者に多いと言われる骨折の原因 その予防法は?

日本の平均寿命は加速しているかのように伸びています。長生きすことは人によっては嬉しいことなのかもしれませんが、場合によっては、こんな生活苦しいとお考えの方もいらっしゃるのではないでしょうか?

高齢になると誰にでも起こり得るのが老化ですよね。いたるところに現れます。長い間支えてくれた骨や筋肉は特に体を動かすのに重要な部分です。

加齢とともに衰える体、支えてくれる骨、高齢になるとその骨ももろくなってきます。なぜなのでしょうか?

今回は高齢になると、骨がチーズの穴のようにスカスカになっていく現象(骨粗鬆症)についてご紹介致します。

“骨粗鬆症=女性や高齢者に多いと言われる骨折の原因 その予防法は?” の続きを読む

パンの食べすぎ? 体調不良にどんな影響があるの?

スーパーやコンビニ、街のパン屋さんにならぶパンは、どれも美味しいですよね。カロリー高いのに、つい食べすぎてしまうことありませんか。

パンには習慣性(依存性)があるそうなのですがご存知ですか。止めたくても止められない、タバコやお酒のようなものでしょうか。

私もパンが好きで、毎日のように食べていました。美味しくて手軽なので、つい手が出てしまいます。

「パンの食べ過ぎは身体に良くない」「体の調子が悪いのはパンのせい」と言われていますが、食べ過ぎるとどの様な影響があるのでしょう。

今回は、私も好きだったパンにつて調べてみました。パン好きのあなたに、こっそりお教えいたします。

“パンの食べすぎ? 体調不良にどんな影響があるの?” の続きを読む

薬の管理は便利なお薬手帳を活用しましょう。

高齢になるとお薬の管理が難しくなったり、面倒くさく感じたりしてお座なりなることありませんか?

以前貰った古いお薬を持っていたり、作用が重複していたり、変更になったお薬が残っていたりなどもったいなくて溜め込んでしまったりしていませんか?

お薬によっては、古くなると副作用が強く出たり、新たな疾患を引き起こしてしまう原因になることがあります。

現在服用しているお薬を必要なものだけに整理して、管理することも重要です。そこで今回は、お薬手帳を使ってご自分のお薬を整理、管理する方法を身に着けてほしいと思います。

服用したことのあるお薬の副作用やアレルギーについても管理できると思います。

“薬の管理は便利なお薬手帳を活用しましょう。” の続きを読む

水以外で飲む薬の作用と組み合わせに注意?

先日、「胃の調子が悪いため病院へ行ったの」と言う知人と一緒のときのことですが、薬を水でなくコーヒーで飲んでいるのを見て驚きました。

ご本人にそれとなく注意をしたのですが、「いつもやっているから大丈夫」というのです。

知人と同じようなことをされている方は多いのでしょうか?私も水以外で飲むことには少し疑問を持っています。薬にもよるのでしょうか?

薬の作用のことを気にしないで、いろんな飲み物で飲んでしまう人。周りにもいらっしゃいませんか?

薬は本当に水以外で服用すると危険なのでしょうか?調べてみましたので、皆様の参考になれば幸いです。

“水以外で飲む薬の作用と組み合わせに注意?” の続きを読む