夏越の大祓? 茅の輪くぐりで罪穢を祓い無病息災の祈願を・・・!?

神社では、毎年2回大祓の神事が執り行われるのですが、6月の晦日は、茅の輪くぐりをして無病息災を祈願します。

茅の輪くぐりは、いつ頃からなぜ始まったのかご存知ですか?

今回は、6月の神事で大祓祭の行事(儀式)の際にくぐる、茅の輪くぐりの由来やくぐり方などについてご紹介します。

茅の輪くぐりの由来

 

毎年6月と12月の晦日に、罪穢を祓い清める儀式として大祓祭が執り行われています。

6月30日に行われる大祓は夏越(なごし)大祓、水無月大祓とも言われ、多くの神社の社頭には、茅の輪が設けられ「茅の輪くぐり」が行われています。

茅の輪は「備後国風土記」に記された蘇民将来(そみんしょうらい)の逸話に「小さい茅の輪を腰につけて疫病除けとした」とあります。

もともと疫病除けのお守りとして、腰につけたり首にさげたりしていたのが起源とされています。

日本神話によると、スサノオノミコトが旅の途中で宿を求めた際、備後国に二人の兄弟がいました。

貧しいにもかかわらず、喜んでスサノオノミコトをもてなした蘇民将来に対し、

弟の巨旦将来(こたんしょうらい)は、裕福にもかかわらず宿を貸そうともしなかったとあります。

しかし、数年後スサノオノミコトが再び蘇民将来を訪れた時、「疫病を免れるために、茅の輪を腰につけなさい」と教えたそうです。

教えを守った蘇民将来は難を免れることができた。という逸話(伝説)があります。

スサノオの言葉には続きがあって、「後の世に疫病が流行ることがあったら、「蘇民将来の子孫」といって茅の輪を腰につけなさい。疫病を免れるだろう。」とあります。

これが茅の輪くぐりの由来となっています。

江戸時代に入る頃には、無病息災を祈願するために、腰につけていた茅の輪が現在のようにくぐり抜けるものになったと言われています。

一説では、伊勢神宮からはじまり広まったと言われています。

茅の輪くぐりとはどんなもの?

毎年6月と12月の晦日に、罪穢を祓い清める儀式として大祓祭が執り行われています。

6月30日に行われる大祓は「夏越(なごし)の大祓」「水無月大祓」とも言われ、多くの神社の社頭には、茅の輪が設けられ「茅の輪くぐり」が行われています。

茅の輪くぐりは、無病息災、家内安全、厄除けなどを願うための行事です。

くぐることで、身についた罪穢を祓い清め、神様からの恵み、導き、お守りを頂き、疫病から免れることができると考えられています。

古来日本では、夏を迎える時期になると、疫病が流行ることが多く、厄払いと無病息災のため、茅の輪くぐりが執り行われるようになったと考えられています。

茅の輪とは、茅(かや)(ちがやとも)というイネ科の多年生植物の草を編んで、直径数メートルの輪を作り、鳥居をくぐり神社の結界内に置かれます。

茅の輪の「輪」の材料には茅だけでなく、ススキやヨシ、マコモなど、背が高くよく伸びるものや葉先が尖っている植物が使われています。

古来より、日本のお祭りでは厄除けとして使われていたとされています。

これらの植物には、邪気を祓う霊力や浄化作用があり、清浄な神聖なものとして、重要な役割を果たしていたようです。

*茅の輪だけは一定期間設置されている神社もあるようです。

大祓は年2回行われますが、6月の夏越の大祓いは身についた半年間の穢れを祓い清め、後の半年間の無病息災を祈るための神事です。

12月の晦日(年越しの祓)にも、大祓の神事は執り行われますが、茅の輪くぐりができる神社は極一部のようです。

茅の輪のくぐり方、作法、唱え詞って?

 

 

《 くぐり方 》

茅の輪くぐりは基本的には8の字を横にした形で、左→右→左と3周回ってから拝殿へと進みます。

神社によっては、回らず一礼して茅の輪をくぐり、そのまま拝殿へ進みお参りする神社もありますので、しっかり確認しましょう。

順路を説明すると

1;まず、置かれている茅の輪の正面に立ち軽く一礼します。

1周目をくぐる時は左足からまたいで入ります。

そのまま左方向へ回り正面に戻ります。

2;正面に戻ったら軽く一礼します。

2周目をくぐる時は右足からまたいで入ります。

そのまま右方向へ回り正面に戻ります。

3;正面に戻ったら軽く一礼します。

3周目をくぐる時は1周目と同じで、左足からまたいで入ります。

そのまま左方向へ回り正面に戻ります。

これで3周回ったことになります。

4;正面に戻ってきたら一礼をし、左足からまたいで入り、拝殿へ進みお参りをします。

これで茅の輪くぐりは終わりになります。

茅の輪を3周回る時に、唱え詞を唱えながら回る神社もあるようです。

唱え詞には

「みな月の夏越の祓する人はちとせの命のぶといふなり」

「祓い給へ 清め給へ 守り給へ 幸え給へ」(はらいたまへ きよめたまへ まもりたまへ さきはえたまへ)

などの唱え詞があります。

神社によってそれぞれ違うかも知れないので確認してみてください。

《 やってはいけない作法 》

茅の輪くぐりは、「夏越の祓」の儀式として行われているのが一般的です。

ですから、茅の輪の茅(使われている草など)を引き抜いて持ち帰ることはやってはいけないことです。

設置されている茅の輪は、参拝者の罪穢、厄災をくぐることで移し、祓い清めたものです。

それを持ち帰るということは、祓われた罪穢、厄災を持ち帰るということになります。

神社によっては、お持ち帰り用として用意していることもありますので、確認するといいですね。

また、お守りとして授与することができます。

終わりに

大祓は、6月と12月の晦日(30,31)に半年間の罪穢を祓い除き、後の半年間の無病息災を祈願する儀式として執り行われてきたものです。

夏越の祓は、これから暑い夏に向かって「健康に過ごせるように」「災いを免れますように」とお願いするお祭りでもあります。

今年は、コロナウイルスにより、大変な思いをされている方も多いはずです。

だからこその大祓だと思うのですが・・・。

しかし、茅の輪くぐりの神事を自粛されている神社様も多いかも知れません。

もし、執り行っている神社様があるのでしたら、是非参加してみてはいかがでしょう。

最後までお読み頂きまして、ありがとうございます。

投稿者: @waka.

はじめまして 定年退職を機にブログをはじめましたwakaです。 還暦を迎え仕事を辞めて、これからの自分の人生の ライフスタイルに、自由に楽しみながら、誰かの お役に立てないかとブログを立ち上げました。 全くの素人からのスタートです。 ゆっくり、のんびり、てくてくと歩みたいと 思っております。 訪れた方に感謝致します。