5月5日は何の日?端午の節句と子供の日その由来と理由

5月5日は男の子の節句としてお祝いをされている方が多いのではないでしょうか?昔は端午の節句としてお祝いされていたようですが、現代は「子供の日」としてきちんとした祝日になっています。なので男女関係なくお祝いしたいですね。

子供の日は端午の節句と重なっていますが、なぜ、いつ頃から決められたのかご存知でしょうか?

端午の節句についての意味や由来、柏餅やちまき、鯉のぼりを上げる理由など簡単にまとめてみました。

5月5日が子供の日になった理由

 

 

本来5月5日は「端午の節句」として祝っていました。男の子の健やかな成長を願う行事だったのです。

端午の節句は「端午の日」として奈良・平安時代から災厄を避けるため行われていた重要な古い行事で、中国から伝わったとされています。

奈良時代以前から端午の神様を祀る行事としてあったそうですが、広まったのは江戸時代からと言われているようです。

祝日になったのは、大正時代に児童愛護デーという活動があり、1948年(昭和23年)に「子供の人格を重んじ、子供の幸福をはかるとともに、母に感謝する日」と決められ、『子供の日』として祝日が制定されたそうです。

現代では5月5日は日本における国民の祝日の一つ「子供の日」となり、子供の健やかな健康と生み育ててくれたお母さんへ感謝をする日となっています。

鯉のぼりの由来、上げるようになった理由

*鯉のぼりは、中国の故事「登竜門」が大きく関係していて由来とも言われています。(登竜門とは成功へといたる難しい関門を突破したと言う意味で使われています)

中国の山奥に「竜門」という大きな滝があり、この滝を登りきった魚は龍になり天を舞うと言われ、数多くの魚たちがその滝に挑み、やがて一匹の鯉が見事竜門の滝を登りきり、龍となって空高く上がっていったと言い伝えられています。

江戸時代には端午の日は幕府の重要な式日となり、大名や旗本は江戸城に出向き将軍にお祝いを述べるほどだったそうです。

また、将軍に男の子が生まれると、幟(のぼり)や吹き流しなどを立てたり、兜や人形、武者絵なども飾りお祝いをしていたようです。

今では鯉のぼりと言えば、種類も沢山あり、鮮やかになっていますが、身分制度がしっかりしていた江戸時代の庶民には、お祝いに使われる吹き流しを立てることさえも許されていませんでした。

武家ではない町民は、中国に古くから伝わるとされる、「登竜門」をなぞらえ、鯉を描き吹き流しの代わりにしたそうです。

柏餅とちまきを食べる理由

 

 

《柏餅》
柏の葉は子孫繁栄の縁起の良い物とされています。古くなった葉は、新芽が出るまで落ちないと言うところからのようです。

江戸時代は武家の子孫繁栄の縁起を担ぐ意味で、端午の節句に柏餅を食べる習慣があり、関東を中心に広まったと言われているそうです。

《ちまき(粽)》
ちまきは、日本では笹の葉が一般的に使われていますが、中国から伝わった当初は、チガヤの葉が使われていたそうです。

中国では茅が邪気を払う植物だと考えていたそうで、奈良時代に端午の節句が中国から伝わった時、お供え物としてちまきも伝わったと言われています。

ちまきは、もち米やうるち米、米粉など使ったお餅を笹に包で蒸したり、茹でたりして食べますが、本来なら茅(チガヤ)の葉で巻いたことから茅巻き⇒ちまきと呼ばれるようになったのが由来と言われています。

現代のちまきは種類も増えていますが、日本各地に広まっていくうちに、改良や簡略化され、茅の葉から笹の葉に変わり、お餅の中にあんこを包んだり、お餅そのものも変化しているようですね。

笹の葉は災難や病気などから身を守ってくれる効果があると言われています。

また、殺菌、抗菌、防腐作用もあります。昔の人はその事をよく知っていたのでしょう。お弁当を包む時や食べ物の保存に使っていたと言われています。

【選べる4種類】30号 着用兜(伊達/上杉/徳川/織田)間口62cm 2020年度新作 五月人形 コンパクト 収納飾り 着用兜 5月人形

菖蒲湯のお風呂に入る

 

古代、神に祈る際は菖蒲が使われたそうです、菖蒲は香りがよく、悪いものを寄せ付けない邪気払いとして使われていたと言われています。

その言い伝えが現代の文化にもあるように、端午の節句には菖蒲のお風呂に入ると良いと言われるのは、邪気払いの意味もあると考えられます。

鎌倉時代には菖蒲と尚武(又は勝負)をかけて、戦の時は甲冑に菖蒲の絵柄を入れたとも言われていたようなので、菖蒲は縁起のよいものとされています。

*菖蒲には紫色の花を咲かせる花菖蒲という植物があります。菖蒲湯に使用される菖蒲とは違ったものなので間違いませんように。

 

おわりに

端午の節句は確かに男の子の節句です。兜や鎧、鯉のぼりなどは、古の頃からの男児たるものの象徴だったようです。

時代の移り変わりとともに、子供たちを大切に重んじる親としての愛情が、様々な形として表現されているのではないかと思います。

子供たちとの団らんの中、柏餅やちまきを食べながら、5月5日は何の日でどんな事をする日なのか、由来や理由を話してあげるのもいいですね。

最後までお読み頂きまして、ありがとうございます。

投稿者: @waka.

はじめまして 定年退職を機にブログをはじめましたwakaです。 還暦を迎え仕事を辞めて、これからの自分の人生の ライフスタイルに、自由に楽しみながら、誰かの お役に立てないかとブログを立ち上げました。 全くの素人からのスタートです。 ゆっくり、のんびり、てくてくと歩みたいと 思っております。 訪れた方に感謝致します。