アサイベリーが眼病を改善させる? アントシアニンは圧倒的!

パソコンやスマートフォンが普及した現代では、目を酷使し眼精疲労に悩まされる人も多いのではないでしょうか?

ブルーベリーやぶどう・ナス・紫芋などは、古くから目の疲労の予防や目の動きを高める効果があると言われています。

これらの植物には光(紫外線)から実を守るために、色の濃い紫色をしているそうです。その成分には抗酸化作用を持つアントシアニンが含まれています。

目に良いとされているサプリメントも人気があるようです。

最近ではさらに含有量の多いアサイベリーなるものがあるようですね。私も少し興味があったので調べてみました。

中高年以降に多い眼病

 

加齢とともに増える目の症状として、目がかすむ、視界がぼやける・目の痛みや乾燥、充血・急に視力が低下してきた・物が歪んで見える・視界に虫が飛んでいるように見える・目の疲れが酷い・視界の一部が欠けて見える・暗く(黒く)見える部分があるなど様々な症状が現れてきます。

加齢になると多く現れる目の病気として、白内障や緑内障・糖尿病網膜症・加齢黄斑変性などがあります。

どんな症状なのか簡単に説明します。

1,白内障

 

 

目の中にある水晶体という部分が白く濁ってくる病気です。

加齢によるもので老人性白内障とも言われ、白内障患者の7割り以上を占めています。

また、アトピーや糖尿病・ステロイド剤なども原因の一つになります。

自覚症状として、目がかすむのはもちろんのこと、視力低下や光が眩しく感じたり、見るものが二重、三重に見えたり、夜間の見えづらさや車のライトが眩しく感じたりもします。

瞳の中心の黒い部分が白く濁っていたら進行している証拠です。

白内障は加齢とともに増え、80歳以上になるとほとんどの人が、何らかの症状が見られると言われています。

早い場合では40歳代から始まることもあるそうです。

2,緑内障

 

眼圧により圧迫されることで、視神経が障害され視野が狭くなったり、部分的に見えなくなったりする病気。重症になると失明する可能性もあります。

正常な眼圧なのに視界が失われていく正常眼圧緑内障がありますが、酸化ストレスによって網膜や視神経が傷つけられることで起こると言われる、日本人に多いタイプの緑内障です。

慢性緑内障は自覚症状がほとんどなく、気づいた時にはかなり進行していることも少なくないそうです。

一度失った部分は元に戻ることはないそうなので、早期に発見し早めの治療を開始することでが重要のようです。

急性緑内障の症状として、急激な眼圧上昇、吐き気や頭痛、充血、眼痛などの激しい症状が現れます。

3,糖尿病網膜症

 

糖尿病が原因で起こる合併症の一つです。眼球内でもろい血管が増えていくことから起こります。

網膜の毛細血管が高血糖の原因により、障害(損傷)され血管が徐々に詰まったり変形したり、出血が起こるようになります。

糖尿病網膜症を発症しても、初期の頃は症状はあまりなく、自覚症状を感じたときはかなり進行していることが殆どです。

視界がかすんできたり、小さな虫が飛んでいる(飛蚊症)ように見えたり、急激な視力低下や酷くなると硝子体出血・網膜剥離を起こして失明に至ることもあります。

4,加齢黄斑変性

 

目の網膜の黄斑(網膜の中心部)というところに異常な老化現象が起こり、見ようとするところが見えづらくゆがんだり、中心が暗く(黒く)なって見えるようにまります。

放置すると視力や視野が低下する病気です。失明に至ることもあります。

50歳以上の男性の方に発症しやすい傾向にあると言われ、女性の3倍になります。高齢になるほど患者数は増え、75歳を過ぎると急増します。

目の疲れを感じたり、見え方に違和感を感じたりするくらいの初期症状ですが、年齢のせいだろうと軽く見てしてまうと、症状が悪化してしまう場合もあります。

《加齢黄斑変性にはドライタイプとウエットタイプの2つのタイプがあります。》

①ドライタイプ:黄斑部(網膜の中心部)が加齢とともに損傷を受けて萎縮し、さらに紫外線がリスクを上げると言われています。

症状はゆっくりですが、進行すると失明の危険性もあります。

②ウエットタイプ:黄斑部に血管新生が起こって出血をしてしまいます。

血管新生が網膜と網膜色素上皮のあいだに入り込み、網膜に視力障害やゆがみなどが生じて起こります。

血管新生はもろいため破れて出血し、黄斑組織内に血液成分(浸出液)が漏れて機能が侵され、深刻な視力障害を起こします。

ドライタイプに比べ早い時期からゆがみや視野欠損などの症状が現れ、視力を失う場合が多いのもこのタイプです。

簡単にと思ったのですが少し長すぎたようですね。

若いときは特別な疾患がない限り、あまり気しないことがほとんどだと思います。

疲れ眼を感じたときは早めに対処しましょう。

眼病に効果的なアサイベリー

アサイベリーなど4種の果実配合のクリアな毎日サポートサプリ

 

加齢による眼病の要因に体内で発生する毒性の強い酸素で活性酸素があります。

人間には活性酸素を除去する力が備わっていますが、加齢とともに低下するため、抗酸化物質の摂取が重要になってきます。

ブルーベリーやぶどう・ナス・紫芋などには抗酸化作用のある、アントシアニンが多く含まれていると言われていますが、それよりも含有量の多いアサイベリーがあるようです。

アントシアニンの効能・効果

目の網膜には光の刺激を受けると分解され、再合成をするロドプシンがあります。

目を酷使する現代環境の中、ロドプシンの再合成が間に合わず、目の疲れに繋がっています。

このロドプシンの再合成を活発化させ疲れ目の予防改善・視力回復に欠かせない有効な成分がアントシアニンです。

例えば、パソコンやスマホなど同じところを見続けていると、ピントの調節をする筋肉が固まってピントが合わないといった症状が現れます。

その原因に対して働きかける力を持っているため、症状を緩和させることができると言われています。

また、アントシアニンには強い抗酸化作用があり、白内障や緑内障・糖尿病性網膜症・加齢黄斑変性などの予防効果があるとも言われています。

アントシアニンの含有量の違い

ブルーベリーなどは代表的なものの一つですが、最近耳にするようになったアサイベリーには、アントシアニンの含有量が他の食品の中でもトップクラスと言われているそうです。

アサイベリーはアマゾン原産の目に効くスーパーフルーツの様です。

ブルーベリーの約4.5倍のアントシアニンが含まれており、アミノ酸や必須脂肪酸、カルシウム、鉄分、ビタミン類などの栄養素も充実していて、ポルフェノールは赤ワインの30倍もの含有量があるそうです。

アサイベリーに含まれるアントシアニンは、目の毛細血管や水晶体、網膜に吸収されやすく、目のかすみやぼやけ、眼精疲労などに素早く効果を発揮できると考えられています

つまり、飲むと素早く血液中に行き渡り、長く作用することが証明されたということです。

体外へ排出されるのは、摂取してから24時間後だそうです。

抗酸化作用に優れていて視力回復はもちろん、目の老化を防ぎ、血行をスムーズにすることで新陳代謝が良くなり、血流改善の作用や目が疲れにくくなったりします。

アサイベリーのアントシアニンの豊富な含有量によって、眼病予防・疲れ目対策や視力向上・目の老化防止などこれまで以上の幅広い作用が期待できるそうです。

アサイベリーの感想(評価)

 

・50代の頃、右目には眼底出血、左目には加齢黄斑変性が見つかって、摂り始めて一ヶ月ちょっとで物がよく見えるようになり、テレビや壁の時計の文字が遠く離れたところからでも見えるようになったんです。


・60歳の時左目の眼底出血、網膜症、白内障、加齢黄斑変性が見つかり、手術をしましたが、術後視界が歪んで見えるようになりました。3年後に再び眼底出血に見舞われ、レーザー治療を受けて難を逃れました。その頃アサイベリーという果実の存在を知り、毎日摂るようになってからわずか一ヶ月で回復の兆しがありました。

・白内障で悩んでいた知人に、アサイベリーを紹介したところ「アサイベリーを摂るようになって、夜の車の運転中の対向車のライトが眩しくなくなったと大喜びをしていました。また、「視力が良くなったのか日常生活においてメガネが不要になった」と感想を述べています。

おわりに

アサイベリーについては他にも沢山のご意見、ご感想がありました。
アントシアニンが眼病にもたらす効果は数多くの方が実感されているようです。

20~30年前に比べて、私達の日常生活環境もずいぶんと変化をしています。現代の環境下において目を酷使していることは間違いないと思います。

目の病気は加齢によるものだけではありません。若い方にもどんな形で現れるかわからない現況なのです。

パソコンやスマホといった画面を見続ける行為が目の病気を早めることにもなりかねません。

私達は眼から8割の情報を得ているそうです。生きていく上でいかに眼が大切なものかを改めて知ることができました。

アントシアニンはブルーベリーにもアサイベリーにも含まれていますが、含有量の違いでここまでの変化、効果があると研究結果で出ているので、安心して摂取できるのではないかと思います。

気をつけなければならないのは、24時間で排出されるとのことですので、毎日続けることがポイントのようですね。

最後までお読み頂きありがとうがとうございます。

投稿者: @waka.

はじめまして 定年退職を機にブログをはじめましたwakaです。 還暦を迎え仕事を辞めて、これからの自分の人生の ライフスタイルに、自由に楽しみながら、誰かの お役に立てないかとブログを立ち上げました。 全くの素人からのスタートです。 ゆっくり、のんびり、てくてくと歩みたいと 思っております。 訪れた方に感謝致します。