西山神社境内 大星稲荷神社を参拝

お稲荷さんって昔から怖いというイメージがありました、自分の中では近寄っては行けないものとして捉えていたからです。

騙されるとかイタズラされるとか、その類です。怪我をさせられたとか命に関わるような事をされたとかもありますよね。

オカルト的な話題が多くて、近寄れなかったです。

ですが、色々調べていくうちに、私の偏見・間違えた捉え方をしていることに気づきました。

それ以後、尻込みせず稲荷神社を参拝することができました。

今回は、いつも参拝をしている神社の境内にある、大星稲荷神社をご紹介します。

西山神社境内にある大星稲荷神社をお参り

拝殿前を左へ進むと大星稲荷神社の石段があります。

御祭神は保食神(うけもちのかみ)様です。

文政10年(1827年)4月に京都市の伏見稲荷神社の御霊を分霊して頂きこの地に鎮座されています。

保食神様は、衣食住の神で、衣・食・住の他に農・産・漁業繁栄、商売繁盛の神様です。

京都の伏見稲荷大社の御祭神は、宇迦之御魂大神(ウカノミタマノオオカミ)となっていますが保食神はこの神様と同神と言われています。

よく知られた神社では、芸能上達の神様としても信仰されていますので、稲荷神社に芸能人が多く訪れるのは、そのためなのでしょうね。

「お稲荷さん」といえば商売繁盛、金運アップなどの神様として知られているのが一般的ですが、元は五穀豊穣の神様なんです。

「お稲荷さん」と「キツネ」の関係ですが、そもそも「キツネ」は眷属と言われていて神様のお手伝いをしているだけなので、神様ではないのです。

大星稲荷神社では建て直しをする際に、白蛇が発見されたとのことです。

白蛇は金運や商売繁盛にご利益があるそうです。今でも、参拝者は多く訪れるようです。

白蛇は神様(弁財天様)の眷属として使えていると言われています。

人々の願いを叶えるために一生懸命頑張っています。功績が認められると位が上がり龍になるとも言われています。

西山神社にも古くから龍神様がいらっしゃるようです。

社殿には龍や白蛇の額や絵が見られ、” 神様の使い “と言われています。

私は初詣の時、この西山神社で不思議な体験をしました。気になる方はこちら

大星稲荷神社内の水神様

大星稲荷神社の裏手には水神様が祀ってありました。

水神様と龍とは深い関係があると言われています。

先程お話した白蛇と同じ様に、龍も水神様の眷属と言えるのです。

龍は水のある場所(滝・川・池・湖・海など)に住み人々に恵みを与え、繁栄をもたらすと言われています。

龍(龍神様?)も人々のために、水神様のお手伝いをして人々のために、日々頑張っておられます。

他にも水神様の眷属として、河童や蛇などが挙げられています。

大星稲荷神社内にあるザボンの木

水神様の近くにもザボンの木があります。何代目になるのかは判りません。

とても元気そうな木で、沢山の実をつけていました。美味しそうではありましたが、取ってはいけません。(笑)

まだまだ、長生きしてほしいですね。

因みに、西山神社の三の鳥居手前の石段の左側にあるザボンの木は、4代目になるそうです。

終わりに

稲荷神社は元は五穀豊穣の神様が祀られていたということも、今回はじめて知ることができました。

恥ずかしい話です。今までどれだけ興味がなかったのか思い知ることができましたが、怖いものばかりではなかったのですね。

お狐さんは神様の眷属(神使)であって、少しおちゃめなイタズラをすることもあるけれど、お願いごとは即効で叶えてくれるそうです。

最後までお読みいただきまして、ありがとうございます。

投稿者: @waka.

はじめまして 定年退職を機にブログをはじめましたwakaです。 還暦を迎え仕事を辞めて、これからの自分の人生の ライフスタイルに、自由に楽しみながら、誰かの お役に立てないかとブログを立ち上げました。 全くの素人からのスタートです。 ゆっくり、のんびり、てくてくと歩みたいと 思っております。 訪れた方に感謝致します。