市杵島神社(長崎) 海を見守る三女神

昨年の事、大瀬戸町(西海市)の方をドライブしていたときに、ちょっと気になる小島を見かけました。

社は無いけど鳥居が見えたのです、その時は干潮だったため砂浜になっていたんです。それで「潮が引いたときにしか渡れないんだ」と思っていました。

ずーっと気になっていましたから、調べてみました。

あの小島は、市杵島神社(イチキシマ)といって市杵島姫命(イチキシマノミコト)という神様が祀られている神社でした。

市杵島神社は全国に沢山あるようです。

今回は身近にある、とても気になっていた市杵島神社と市杵島姫命について少しばかり紹介できたらと思います。

海上を見守る市杵島神社

   

 ↑ 大瀬戸町                  ↑ 西彼町白似田郷

海の上(小島)にある市杵島神社です。市杵島比売命を祀っています。

今日は、朝起きると雨が降っていて、少しテンションダウンしましたが、神社参拝の気持ちは変わりないため支度をして出掛けました。

自宅を出て直ぐに晴れ間が見えてきたので、やっぱり天照大御神様が、願いを叶えてくれたのだと思います。

市杵島姫命は宗像三女神の一柱、三姉妹の中で一番の美人さんです。

宗像三女神は天照大御神とスサノオノミコトの契約の際に生まれた神様です。

宗像三女神は、アマテラスから直接神勅を受けて降臨された神様、美人三姉妹で水の神様だったことから、インドの神様、弁天様と同一化されています。

古事記によると
アマテラスは宗像三女神に「宗像地方(今の福岡県)から朝鮮半島や支那大陸へつながる海の道を守り、歴代の天皇をお助けすると共に歴代の天皇から篤いお祭りを受けられよ」と命じ宗方の地に降臨させた。
宗像三女神は朝鮮半島に向け宗像大社から並ぶ島にそれぞれ鎮座し、海を見守っている。(八百万の神大図鑑より引用)
と書かれています

宗像三女神は、長女に田心姫命、次女の多岐都比売命、三女の市杵島姫命の三姉妹になります。(順番については諸説あるようです。)

中でも市杵島姫命は一番の美人だったそうです。

その市杵島姫命は、皇孫邇邇芸命が降臨する際に養育係として付き添い、邇邇芸命を立派に生育させたとされています。

市内には市杵島神社が3つ程有るこをは知りました。その内の2つは海岸沿いに突き出た小島が神社になっていること。

もう一つは山に方にあるようです。行ったこと無いのですが、体力に自信のない私はかなり厳しい山道になりそうです。でも、訪れたい場所でもあります。

 

   ↑ 大瀬戸町                ↑ 西彼町白似田郷

市杵島神社にはお社はなく、小さな石の祠があります。主祭神は言うまでもなく、市杵島姫命が祀られています。

祠は遠く海の彼方を向いています。

 

     ↑ 大瀬戸町             ↑ 西彼町白似田郷

正に外敵から国を守る海の女神様って感じですよね!

頼もしい限りです。^^

宗像三女神は海の神、航海の神と言われています。そして、市杵島姫命は養育係として立派に役目を果たしたことから、子供の守護神とも言われています。

それを踏まえて、市杵島姫命のご利益は、海上安全、豊漁、交通安全、商売繁盛(金運・財運)、芸能上達に加え、子宝などのご利益があります。

いずれの神社も、地域の方が愛情を込めてお世話してくださっているようで、とても綺麗に掃除がされています。

青い海の上に浮かぶ小島の神社は、とても美しいです。

訪れた時は強風でしたが、行って良かったと感じました。

長崎市には、宗像三女神を祀っている神社で有名な淵神社があります。

宗像三女神が祀られている淵神社拝殿


 ↑ 淵神社拝殿 

稲佐山ロープウェイの乗り場(駅)と隣接している神社になります。

先月の初詣の帰りに、呼ばれたような気がしたので、立ち寄り参拝して参りました。

この日は小雨で少し寒かったのですが、ひっそりとしていました。

ほっとするような安堵感、清々しい空気感、境内の清潔感は情緒さえ感じられます。

こちらの神社での御朱印は、電話予約のみになって居るので、参拝時に受領することはできなくなっています。

終わりに

市杵島姫命は沢山の別名を持っており、また、海部氏・尾張氏の祖の天火明命と結婚したと云っています。

一柱の神様に複数の別名があると、覚えるのって大変では無かったのでしょうか?

私は無理なので、ポチッとググっています。

今回は身近に鎮座していた、市杵島姫命と市杵島神社、そして淵神社拝殿をご紹介させて頂きました。

最後までお読み頂きまして、ありがとうございます。

投稿者: @waka.

はじめまして 定年退職を機にブログをはじめましたwakaです。 還暦を迎え仕事を辞めて、これからの自分の人生の ライフスタイルに、自由に楽しみながら、誰かの お役に立てないかとブログを立ち上げました。 全くの素人からのスタートです。 ゆっくり、のんびり、てくてくと歩みたいと 思っております。 訪れた方に感謝致します。