薬の管理は便利なお薬手帳を活用しましょう。

高齢になるとお薬の管理が難しくなったり、面倒くさく感じたりしてお座なりなることありませんか?

以前貰った古いお薬を持っていたり、作用が重複していたり、変更になったお薬が残っていたりなどもったいなくて溜め込んでしまったりしていませんか?

お薬によっては、古くなると副作用が強く出たり、新たな疾患を引き起こしてしまう原因になることがあります。

現在服用しているお薬を必要なものだけに整理して、管理することも重要です。そこで今回は、お薬手帳を使ってご自分のお薬を整理、管理する方法を身に着けてほしいと思います。

服用したことのあるお薬の副作用やアレルギーについても管理できると思います。

お薬手帳とは

 

 

自分が服用している又は過去に服用したことのあるお薬の名前が記録できる手帳のことです。

お薬を服用する時間や回数、処方された日付、処方してもらった医療機関、調剤薬局の名前など記載できますし、服用に関する注意事項も記載できます。

過去服用したもので、副作用を起こしたことがあれば記入することも出来ますし、アレルギーがあれば記入できるようになっています。

常に持参していることで、医療機関(医師や歯科医師、薬剤師など)、薬局での情報の共有が出来、治療に必要な判断に使うことが出来ます。

氏名はもちろん、必要な情報である疾患名や服用している薬剤名、処方した医師、薬剤師などの名前も記録として残せます。

具体的な利用方法

 

 

医療機関(歯科含む)や薬局を利用する時は必ず持参し、医師や薬剤師に提出することで、過去に服用したお薬の副作用や薬剤の重複などの把握が出来ますし、別の病気で他の医療機関を利用した際、情報を正確に伝えることが出来ます。

お薬に対するアレルギー、効果の出なかったお薬の記録がしてあれば、同じものを処方することを防ぐのにも役立ちます。

複数の医療機関を利用している場合など、お薬手帳を確認することによって、情報を共有出来ますので、治療の判断がしやすくなると思います。

お薬と一緒にもらった服用方法の説明書や市販薬を購入した場合は、お薬手帳に貼っておくのも重複を防ぐのに役に立ちます。サプリメントも同様です。

説明書には効能・効果・副作用など、服用方法や注意事項が記載されているため、何時でも自分で確認することが出来る。

血液検査を受けた時も、検査結果の用紙を貰えると思いますので、お薬手帳に貼っておくと良いでしょう。

・加齢になるにつれ、利用する医療機関も多くなると思います。他の医療機関を利用するたび、お薬手帳を作っていては何冊にでもなってしまいます。

お薬手帳は病院ごとや診療科毎に持つよりも、一冊にまとめるて管理ことで、他の医療機関で処方されているお薬の内容を説明する必要が無くなります。

お薬手帳には、既往歴、アレルギーや副作用歴、体質についても記録に残す事が大切です。一冊にする際は忘れないようにしましょう。

・外出する時、旅行に出かけるときなど常に持参すると緊急の場合など、ご自身の情報を素早く確認することが出来るのにも役立ちます。

出かけた先で、事故や急病になた時など、治療の際アレルギーや副作用が分からないと使用される可能性があります。

・住所、氏名、誕生日、血液型、身長、体重、家族の連絡先などを記入しておくこともおすすめしたいです。(通常のお薬手帳には記入欄があると思います。)
(お子様は特に体重によってお薬の量を計算する事がありますので重要です。)

・最近では電子お薬手帳のアプリも開発されており、携帯率の高いスマートフォンに取り入れ利用することで、情報の携帯がしやすいというメリットも有るようです。

・分からないこと、困ったことや疑問に思ったことを記入したり、飲み忘れたお薬や残ってきたお薬がある場合も記録しておくと、次回の診察時に相談できます。

 

おわりに

お薬の事は、自分自身が知っていれば良いものでないことが、お分かりになりましたでしょうか。

お薬手帳はご自分を守る大切なものとして、少し手間がかかり面倒かもしてませんが、活用されることは良いことではないでしょうか。

ご自分に処方されたお薬を全て記録すること、副作用やアレルギー、薬と薬の相互作用、食品との飲み合わせなども記録しておくことも大切なことですね。

持病をお持ちの方や高齢者の方は特に、お薬手帳を常に持参しておくことをおすすめします。

最後までお読み頂きありがとうございます。

投稿者: @waka.

はじめまして 定年退職を機にブログをはじめましたwakaです。 還暦を迎え仕事を辞めて、これからの自分の人生の ライフスタイルに、自由に楽しみながら、誰かの お役に立てないかとブログを立ち上げました。 全くの素人からのスタートです。 ゆっくり、のんびり、てくてくと歩みたいと 思っております。 訪れた方に感謝致します。