高齢者に多い自宅での熱中症 その対策。

気温・湿気が高くなると熱中症が懸念されます。建物の内外で上昇する気温に、気をつけなければならないのは言うまでもありません。

毎年のように熱中症で緊急搬送される中、高齢者の熱中症症状による搬送も少なくありません。

誰にでも起こり得るものなので、家族の方や周りに居る方が、少しの異変に気づき早めの対応をすることで、危険から身を守ることが出来ます。

今回、自宅で過ごす高齢者を熱中症から守るには、どうすればいいのかを止めました。お役に立てると幸いです。

熱中症とは、その種類は?

◯熱中症とは

人には暑さを感じた時、汗をかくことで熱を下げ、体温を調節する機能が備わっています。

高温多湿の環境下にあると、熱の放出が不十分になり、体に熱がこもりがちになって、体温調節がスムーズにできなくなります。

更に、汗をかくことで水分や塩分などのバランスが崩れ、体の機能が働くなって起こる障害のことをいいます。

◯熱中症の種類

・熱けいれん
人は汗をかき続けると、体内から水分や塩分が失われ、血液中の塩分濃度が上昇してきます。

この様な状態の時に水分のみを補給していると、血液中の塩分濃度が低下し、足や腕、腹部などに筋肉痛を伴ったけいれんを引き起こします。

・熱疲労
大量の汗をかき、水分の補給が追いつかない時、体は脱水状態になり疲労感を感じるようになります。

脱水状態では、全身倦怠感、脱力感、集中力低下、頭痛、めまい、吐き気、嘔吐などの症状が現れます。

・熱失神
体は熱を放出し体温を調節するため血管を広げ、血流を良くしようとします。血管を広げたことで、血圧の低下があり脳への血流が減少し、酸欠状態になって失神を引き起こします。

体温は下がらず顔面蒼白、呼吸数の減少、唇のしびれ、立ちくらみ、など現れます。

・熱射病
熱中症の中で最も危険な状態と言われています。体が熱を放出しきれず、体温が異常な上昇をして脳の温度が高くなり、言動がおかしくなったり、反応が鈍かったり、意識が無くなったりします。

必ず前駆症状がありめまい、頭痛、吐き気やショック状態などが見られます。死亡率も高くなりますので、体を冷却しながら病院への搬送が重要となります。

高齢者は自宅熱中症になりやすい

熱中症になりやすい場所といえば野外と思っている方、多いのではないでしょうか?実は自宅にいながら熱中症になる方が以外に多いようです。

よくニュースで自宅にいながら熱中症で病院へ運ばれる人がいますが、その殆どが高齢者と言います。

特に高齢者になると体温調節機能が低下し、感覚が鈍るようになります。暑さを感じない、喉の渇きを感じない、汗をかきにくい、高齢者は頑固で我慢しがちになります。

外気温が高くなると当然室温も上がってきます。気づかないで無理や我慢をして過ごしている人が多いようです。

日中室内にいるのは、高齢者だけではありませんが、室温が高くなっていることに気づかないのも高齢者です。そのため水分不足になりやすいです。

重要になってくるのが室内であっても、暑さを軽減させる対策が必要だと言うことです。

自宅熱中症を防ぐためにするべきこと

・室温の管理、風通し、水分補給

室内に入り込む日差しを遮るための日陰づくりは、窓からの熱さ軽減してくれますし、室内の風通しを良くすることで温度も下がります。

風のない時は窓を開け、扇風機や送風機を使って室内の空気を循環させると良いでしょう。

また、水分の多い緑の植物を利用して涼しさを演出することで、視覚による効果はとても高いようです。すだれや涼しげなカーテンを利用するのも良いですね。

温度計をこまめにチェック、室温は28℃を目安にするとよいかと思います。エアコンを使用する場合、外気温の温度差に注意しましょう。

衣服の選択も重要になってきます。吸汗、速乾性のあるものや木綿や麻なその自然素材のものはおすすめです。

室内にいるからと言って安心は出来ません。こまめに水分の摂取を行いましょう。暑い時の発汗は思っているより多いですし、汗とともに塩分も出てしまいます。

スポーツドリンクや麦茶は有効です。ただし、冷たい飲み物は摂り過ぎに注意しましょう。熱帯夜は寝る前に水分を取ると良いそうです。

高齢者に限らず自宅で過ごすことが多い方にも、同じようなことが言えると思います。若いからと言って油断すると熱中症になることがあります、気をつけましょう。

一般的かもしれませんが、予防のまとめとして

・こまめに水分補給をする

・室内は風通しを良くする(扇風機や送風機を上手く利用する)

・エアコンを活用して室温調整をしながら暑さを和らげる

・吸汗、速乾性のある衣服や通気性の良い服装にする

などが挙げられるのではないでしょうか。

おわりに

熱中症は、水分補給や室内を涼しくすること、休息や栄養を摂ることといいますが、昨今の異常気象についていけない高齢者も少なくありません。

高齢者に多いのが周りに迷惑をかけたくないとか、このくらいの暑さは我慢できるとか無理をしがちなところがあります。

家族や周りの方々が高齢者の気持ちを理解してあげることも、対策の一つになるのではないでしょうか。

最後までお読み頂きありがとうございます。

投稿者: @waka.

はじめまして 定年退職を機にブログをはじめましたwakaです。 還暦を迎え仕事を辞めて、これからの自分の人生の ライフスタイルに、自由に楽しみながら、誰かの お役に立てないかとブログを立ち上げました。 全くの素人からのスタートです。 ゆっくり、のんびり、てくてくと歩みたいと 思っております。 訪れた方に感謝致します。