知っておきたい、心肺蘇生とAEDの使い方

救命処置について、あなたはどのくらい理解していますか?

もしも家族の方が、もしも身近な人が目の前で倒れた時、何も出来ないで立ち尽くしているだけでは、大切な人を救うことは出来ませんよね。

普段の手当とは違い救命処置は、人の命を救う手助けになります。

今回は救命処置について、現場を目撃し救助者として、あなたが起こす行動を分かりやすく簡単にご説明したいと思います。

目の前で倒れている人がいたら

突然目の前で倒れる人や事故などによって命の危険に晒されている人がいたら、迷わず近寄り声をかけてみましょう。

周りの状況を観察し、危険がないかを確認した上で行動しないと、ご自身の身に危険が及ぶことになりますから注意が必要です。

倒れている人(傷病者)の全身の観察をしながら近寄りましょう。事故(怪我)か病気かによっても対応が異なることもあります。(出血の有無を確認したら、意識の有無を確認します。)

怪我よりも命が第一なので、優先すべきは呼吸はしているか心臓は動いているかになります

傷病者の肩を叩きながら、耳元で大きな声をかけ、意識があるかないかの確認をします。意識がない場合は協力者を求めましょう。

協力者には119番とAEDの手配を依頼します。

呼吸の確認をするため、胸やお腹の動きを見て、普段通りの呼吸をしているかを10秒以内で確認し、判断に自信がない場合は、心停止と判断して胸骨圧迫を開始します。

心肺蘇生とAED(自動体外式除細動器)の使い方

・心肺蘇生の開始

救急車が到着し、救急隊員に引き継ぐまで続けなければなりません。一人でやるのはとても大変になってきますので、協力者と交代しながら行いのがベストです。

胸骨圧迫は1分間に100~120回のテンポ30回圧迫し、次に気道確保をして人工呼吸を1秒に1回、2回吹き込みます。

胸骨圧迫30回と人工呼吸2回の一連の流れを、AEDが到着するまで繰り返し続けます。

人工呼吸を行う場合、出血や嘔吐物があり感染などの危険性で躊躇してしまうことがありますが、その時は胸骨圧迫のみを続けると良いでしょう。

・AEDによる除細動の開始

AEDが届いたら、電源を入れ音声ガイダンスに従って操作すれば、簡単に出来るようになっています。

AEDは一般市民による使用が許可されていますので、資格も必要なく誰にでも使えるようになっているので大丈夫です。

電極パッドを貼るために衣服を取り除かなくてはなりません。(パッドは直接肌に貼ります。)ハサミで切り開いても問題ありません。

肌が濡れていれば拭き取る、金属類は取り外すか触れない位置にずらす、埋込み型医療機器の部分は避ける、貼り薬は取り除くなどの確認をします。

この短い準備、確認の段階であっても、心肺蘇生は電極パッドを貼る時以外は続けます。

電極パッドは胸の右上と左の脇腹に空気が入らないように貼り付けます。(電極パッドにイラストが書いてあります。)

電気ショックが必要かどうかもAEDが判断してくれます。中に入っている電極パッドを傷病者の胸に貼ってAEDと電極を繋げると、分析、判断してくれます。

AEDが分析、解析は傷病者に触れないようにします。メッセージが流れるので従いましょう。

電気ショックが行われても行われなくても、メッセージに従って心肺蘇生を再開します。

電極パッドは剥がさず電源は入れたままで心肺蘇生を続けます。AEDは2分毎に心電図の解析をするからです。

救急隊員に引き継ぎが出来るまで、心肺蘇生を続けることが求められています。

★心肺蘇生を中止しても良い場合

傷病者がうめき声をだしたとき、動き出した時、呼吸が現れた時、救急隊員に引き継ぎができる時、救助者に疲労や危険が迫った時などは中止しても良いことになっています。

胸を開けさせるので、女性の場合は配慮することも忘れないでいただけると嬉しいです。

傷病者が女性の場合はひと目のある中で胸をはだけるのは気がひけるものですが、迷っている時間はありません。

・イラストによる心肺蘇生とAEDの流れ

一般的な大人の心肺停止状態を例に上げて進めたいと思います。

①周囲の安全を確認した後、倒れている人に近寄り声をかけます。

 

②反応もなく心停止が確認できない時は、応援を求める。

 

③呼吸を確認する。

 

④胸骨圧迫

・強く・速く・絶え間なく、がポイントです。
・胸骨圧迫の中断は最小限にする。

⑤人工呼吸(自信がない時は胸骨圧迫のみを続けます。)

・血液や吐物による感染の危険性があると判断し、人工呼吸を止める場合は、胸骨圧迫を続けます。

・気道確保の時は片手で額を押さえながら、もう片方の手の指2本で顎先を持ち上げます。

・AEDが届くまで繰り返し続けます。

⑥AEDの使用開始
電源を入れAEDのガイダンスに従います。


AEDの準備中でも胸骨圧迫と人工呼吸は続けてください。

・傷病者に触れていると正しい判断をすることが出来ないため、救助者以外は側を少し離れましょう。

・傷病者が唸り声を挙げたり、動いたり、嫌がるようであれば心肺蘇生を中止しても良いと思います

・女性の場合は配慮が必要です。タオルをかけたり金属のない衣服を掛けるなどして人目から見えないようにしましょう。

AED使用後呼吸が確認できたら

呼吸は戻ったとしても、呼びかけに反応がない場合があります。意識のない傷病者に対してとってほしい姿勢があります。回復体位と言って横向きに寝かせる姿勢です。

意識が戻った時に胃の内容物を嘔吐することがあります。気道に詰まらせないための予防が出来ます。

  「無料画像 回復体位」の画像検索結果

・両肘を曲げ上になる手の高を頭の下に入れる。
・顎は前方に突き出す感じにする。
・足は上になる足の膝を90度に曲げる。

傷病者の倒れた場所が危険な場所であるなら、安全な場所に移動しましょう。

救急車の到着するまでに長い時間待たなければならない場合、神経が圧迫され障害を来すことがありますので、向きを反対向きにしましょう。

傷病者の意識がある場合は、楽な姿勢を聞き、希望する姿勢で安静を保たせましょう。

おわりに

「息をしていない」「心臓が動いていない」といった状況に遭遇することは、一生の内何度もあるものではないと思いますが、災害の多くなった昨今、いつその状況が後ずれるか分かりません。

あなたの目の前で、助けを必要としている人がいたら、迷わず勇気を持って駆け寄り、尊い命を救ってあげてください。

もしもの時、とっさの時、ちょっとした知識が誰かを救うことになるかもしれません。

最後までお読み頂きありがとうございます。

投稿者: @waka.

はじめまして 定年退職を機にブログをはじめましたwakaです。 還暦を迎え仕事を辞めて、これからの自分の人生の ライフスタイルに、自由に楽しみながら、誰かの お役に立てないかとブログを立ち上げました。 全くの素人からのスタートです。 ゆっくり、のんびり、てくてくと歩みたいと 思っております。 訪れた方に感謝致します。