高齢者に多い自宅での熱中症 その対策。

気温・湿気が高くなると熱中症が懸念されます。建物の内外で上昇する気温に、気をつけなければならないのは言うまでもありません。

毎年のように熱中症で緊急搬送される中、高齢者の熱中症症状による搬送も少なくありません。

誰にでも起こり得るものなので、家族の方や周りに居る方が、少しの異変に気づき早めの対応をすることで、危険から身を守ることが出来ます。

今回、自宅で過ごす高齢者を熱中症から守るには、どうすればいいのかを止めました。お役に立てると幸いです。

“高齢者に多い自宅での熱中症 その対策。” の続きを読む

ぎっくり腰 どう対処するの?予防方法は・・・?

ぎっくり腰の衝撃に足も腰も立たなくなってしまった。という経験をお持ちの方もいらっしゃると思いますが、何の予兆もなく激痛が走るぎっくり腰は、日本人の4人に1人いると言われています。

寝返りをうつことも、トイレに行くことも出来ないですし、お腹や腰に力を入れることが出来ない状態になります。

若い頃私もやっていますが、とても動けるものではなかったです。あの時の状況は今でも忘れることが出来ません。

そんなぎっくり腰について、起こってしまったときにはどうすればよいのか。また、その後はどう過ごせばよいのかなど、簡単にお教えしたいと思います。

“ぎっくり腰 どう対処するの?予防方法は・・・?” の続きを読む

多剤併用は高齢者にどんな薬害が起こるのか?その対策は?

あなたは今、持病を持っていますか?
何箇所くらいの病院を受診されていますか?
何種類くらいのお薬を服用されていますか?

中高年になると病院へ通うことが多くなって来るのではないでしょうか。特に高齢になると行くところと言ったら、病院が多いと聞きます。病院へ行くと確かに、待合室には高齢者の方が多いですね。

ところで、ご自分の現在服用しているお薬の効果効能をご存知ですか?もちろん分かっていて服用しているものと思います。

でも、同じ様な効果効能(作用)のお薬があるかもしてないことは、どうでしょうか?

今回はお薬の服用は正しいのか、作用が同じものを服用していないか、必要でないお薬を服用していないかなどを含め、多剤併用についてご紹介したいと思います。

“多剤併用は高齢者にどんな薬害が起こるのか?その対策は?” の続きを読む