緊急時の応急手当と応急処置の違い、その必要性とは?

家庭や職場の内外、通勤途中、外出先、観光地など様々な場所で突然の事故や病気の現場に居合わせることありませんか?

自分にできる応急手当や救命処置は、その場で苦しんでいる人を迅速に助けてあげることのできる唯一の方法です。

家庭や職場などに限らず、目の前で起こった事故や病気の際、救急車が到着するまでに、迅速に応急手当をする必要があります。

誰もがいつ、どこで遭遇するかもしれない事故や病気による出来事に「あの時自分に何かできていたら」、と後悔をしないためにも、応急手当や救命処置について学んでおきましょう。

“緊急時の応急手当と応急処置の違い、その必要性とは?” の続きを読む