骨折のときは身の周りの物で応急手当が出来る?

行楽地やスポーツ、自宅や裏山などで転倒したり転落したり、災害や事故に遭遇してしまった時、捻挫や打撲と違う痛みを訴えることがあります。

事故などにより激しい痛みを訴えるときは、骨折していることも疑って、その時の対処や応急手当の方法を知っておくと便利ですよね。

特に小さい子供や高齢者は、骨折していることに気づかないで過ごしている事があります。

今回は骨折について、もしもの時の応急手当をご紹介致します。

“骨折のときは身の周りの物で応急手当が出来る?” の続きを読む

思わずやってしまう捻挫、打撲、のときの応急手当

手首や足首だけとは限りませんが、スポーツなどの激しい運動をしていると怪我をすることもありますよね。日常的にも物につまずいたりぶつかったりします。

ハイキングやキャンプなどに出かけると、怪我をしたときの不安もあるのではないでしょうか?

どんなに注意はしていても、事故は起こることもあります。軽いからと放置していると治りが悪くなる可能性もあります。

今回は捻挫や打撲(打ち身)などをしたときの応急手当を理解し、もしもの場合に備えておくと便利なグッズをご紹介します。

“思わずやってしまう捻挫、打撲、のときの応急手当” の続きを読む

擦り傷、切り傷、火傷(やけど)のときの応急手当

日常の中で擦り傷、切り傷、などの怪我をすることはありますが、ちょっとした切り傷くらいでしたらキズバンを貼っておくと大体は大丈夫ですよね。

でも、傷が大きかったり、深かったりすると慌てることってありませんか?

怪我をした人よりパニックになることだって考えられます。

適切な手当をすることで、その後の治療にも大きく差が出ることもあります。

どうすれば最良の手当になるのか理解しておきましょう。

“擦り傷、切り傷、火傷(やけど)のときの応急手当” の続きを読む

緊急時の応急手当と応急処置の違い、その必要性とは?

家庭や職場の内外、通勤途中、外出先、観光地など様々な場所で突然の事故や病気の現場に居合わせることありませんか?

自分にできる応急手当や救命処置は、その場で苦しんでいる人を迅速に助けてあげることのできる唯一の方法です。

家庭や職場などに限らず、目の前で起こった事故や病気の際、救急車が到着するまでに、迅速に応急手当をする必要があります。

誰もがいつ、どこで遭遇するかもしれない事故や病気による出来事に「あの時自分に何かできていたら」、と後悔をしないためにも、応急手当や救命処置について学んでおきましょう。

“緊急時の応急手当と応急処置の違い、その必要性とは?” の続きを読む