食品添加物の種類と役割 知っているつもりでも・・・?

食品添加物といえば、化学合成物質として悪いイメージがありましたよね。でも、添加物は私達の生活にはなくてはならない物ですが、添加物の危険とはどのくらいのものを考えますか?

昔から利用されていたものとして梅干しや塩漬け、くんせいなど長く保存するためのもの、色や香りを楽しむためのものまで沢山あります。

時代の移り変わりとともに食に対する考え方も変わり、輸入品、外食、ファーストフード、コンビニ弁当とお手軽なものを多く利用するようになりましたが、その中には多種多様の添加物が使用されています。

食品添加物に対しての弊害(障害)は、全く無いという事ではないですが、食に対する安心、安全、信頼性など考えた時、食品添加物の目的や役割について知っておくのも大切なことだと思います。

“食品添加物の種類と役割 知っているつもりでも・・・?” の続きを読む