憂うつな梅雨の時期の湿気、カビの発生 予防と対策は?

梅雨に入ると湿気が多くなり、憂鬱になる人や体調が悪くなる人もいるかと思います。その原因は気温や湿度に関係していると言われています。

梅雨の時期は人の体だけではなく、浴室や部屋、家具や洋服物、靴に至るまで、厄介で大敵な、カビの発生や匂い、虫の発生が気になってきます。

今回は、梅雨時になると増殖するカビの予防や対策、家の中の除湿はどうすればいいのかをご紹介します。

カビの発生条件と予防

なぜカビは発生するのか?

カビの発生しやすい条件として、高温多湿が直ぐに浮かぶのではないでしょうか?

カビは気温、温度が20~30度位で発生し成長すようです。湿度60%から活動を始め、70%を超えるころから増殖しはじめます。

ダニと違い低温でも活動できますが、湿度が低いと繁殖できません。ダニは温度と湿度が高くなる頃に発生しるので、梅雨の時期は丁度良いと言えます。

カビの栄養源となるものには、ホコリやゴミ、汚れ、食べ物、浴室の皮脂汚れや石鹸カスなどがあり、条件がそろうと一気に増殖します。

梅雨時の湿気やホコリ、汚れなどの放置はカビや結露、ダニの発生を促し害虫が活発になり体にも悪影響を及ぼします。

カビがからだに悪いのは・・・

温度や湿度が高くなると人の体は、蒸し暑さによる疲労やストレスを感じるようになります。湿度が高くなればなるほど負担は大きくなります。

梅雨の時期になると気圧の変動のよる体調を崩しやすくなります。膝や腰、手足の関節痛、頭痛などは梅雨特有の気圧によるものと言えます。

また、体の重だるさやむくみ、食欲不振、下痢、胸の苦しい感じなどの症状が出るのにも関係しているようで、東洋医学では「湿邪」と言って、梅雨時の体の水分量と湿度が大きく影響しているそうです。

梅雨の時期になると気分がすっきりしない、自律神経の調整がうまくできない、ホルモンのバランスが崩れるなどあります。

カビの胞子を体内に吸い込むと、気管支喘息や鼻炎、アトピー性皮膚炎、肺炎などのアレルギー症状が現れる場合がります。

気をつけなければならないのは、肺や気管支に異常をきたす肺アスペルギルス症を引き起こす恐れのある真菌です。

咳や喀痰、胸痛、呼吸困難などの症状が現れ、肺に真菌の塊ができてしまうと肺アスペルギローマを起こすこともあります。

気管支喘息を患っている方であれば、呼吸器症状は更に進行する可能性もありますし、抵抗力の低い高齢者や小さいお子様は注意が必要です。

カビは温度、湿度、栄養、酸素があれば繁殖する生き物なので、梅雨の時期は除湿をしながらカビ対策をする必要があります。

こまめに掃除をして、水気を取り除き、風を通して乾燥させることでカビの発生を予防できます。

湿気の対策をすることでカビは防げる

湿気の高い日が続くと、水回りや食べ物、衣類、お布団、下駄箱、押入れ、クローゼット、お洗濯物にまでカビが繁殖し臭いを付け増殖していきます。

雨が降り続いていても、窓を2ヶ所以上開放して風の通りを良くしましょう。部屋の中を風が通り抜けると、換気に繋がります。強い雨でない限り10~15cm位開けると良いです。

換気することで、部屋中に舞っているであろうカビの胞子を、外にだすことが可能になります。晴れの日は思いっきり開放しましょう。

風のないときは扇風機を利用すると、部屋の中の空気が流動することで外へと流れ換気することが出来ます。換気扇の利用も流れを変えます。

窓だけでなく押入れのふすまやクローゼット、シンクの下の扉なども少し開けることも湿気を取るのには必要なことです時々開けることをしましょう。

特にシンクの下は、カビが発生しやすく臭いも強くなりますので、常に綺麗にして湿気をなくすことが大事です。

浴室やトイレの換気は換気扇を利用したり、窓があれば少し開放すると良いでしょう。浴室の扉も開放しておくと良いですよ。

結露に関してもこまめに拭き取ったり、窓用の結露取りシートを利用すると流れ落ちる水滴を吸い取ってくれます。

衣類の乾燥に除湿機を使用されるご家庭も多いのではないでしょうか。除湿乾燥には優れているものもあります。使うときは押入れなどの扉を少し開けると良いかもしれませんね。

エアコンを使用すると、室内の温度が低くなり結露が発生しますので、温度調節はこまめに行うと良いでしょう。

また、エアコンのフィルターは水気やホコリなどでカビが発生しやすくなります。フィルターは2週間に1度はお掃除をするように心がけましょう。

エアコンだけでなく、除湿機や空気清浄機、扇風機などもホコリやゴミが溜まっていればカビは発生しやすくなります。

日々こまめにお掃除をすること、濡れたものや水滴、ホコリや汚れはいつもよりも気をつけないと直ぐにカビや臭いが発生してしまいます。

おわりに

いつも綺麗にお掃除しているお部屋でも、梅雨時にはちょっとした気の緩みでカビが発生してしまいます。

温度や湿度の調節をこまめに行うことや部屋の風通しを良くすることで、除湿できますので少しでも快適な梅雨の過ごし方を実践してみて見ませんか。

最後までお読み頂きありがとうございます。

投稿者: @waka.

はじめまして 定年退職を機にブログをはじめましたwakaです。 還暦を迎え仕事を辞めて、これからの自分の人生の ライフスタイルに、自由に楽しみながら、誰かの お役に立てないかとブログを立ち上げました。 全くの素人からのスタートです。 ゆっくり、のんびり、てくてくと歩みたいと 思っております。 訪れた方に感謝致します。